maintenances

バリスターナイロンの強度

WONDER BAGGAGEでは数多くの製品に対して、非常に強度に優れていることで知られているバリスターナイロンを、メイン素材として採用しています。
スペック表的には申し分ないこの素材ですが、実際に製品として落とし込んだときの強度はどの程度なのか。その強度を少しでもお伝えできればと、今回は弊社スタッフが約 6年使用したデイパックと新品のデイパックを比較して、バリスターナイロンの優れた強度についてご紹介させて頂きます。

 
バリスターナイロンスペック表

※バリスターナイロンスペック表

 

1、スタッフがどのようにデイパックを使用していたのか

  • Q 使用期間はどれぐらいですか?
    2013年からなので、もう6年になりますね。初期モデルをずっと愛用しています。
  • Q どのように使っていますか?
    仕事で使っているので、平日は基本毎日背負っていますね。あと自転車通勤なので小雨程度なら気にせず背負っていますよ。
  • Q 日頃のケアはどのようにしていますか?
    本当は良くないのですが面倒臭がりなので、基本的には何もしてないんです。本当は良くないので参考にしないでくださいね(笑)
    バリスターナイロン部分は汚れたら拭く程度ですね。あと雨で濡れた時はさっと水気をはらっています。レザー部分は革靴をケアするついでにたまにクリームを塗っていました。それでも頻度でいうと年に1〜2回ぐらいですね。ちゃんとしたケアの仕方は【カバンのお手入れ方法】を参考にしてください。
 
WONDERBAGGAGE NEW LIGHT SERIES

 

 

2、バリスターナイロンの変化を比較

新品と比較してみると、バリスターナイロンの生地は少し柔らかくなっています。元々はとてもしっかりとしたコシのある素材ですが、さすがに6年使用すると変化はあるようです。それでも自立するには十分なコシが残っています。
同様に色味にも少しの変化が見られました。新品に比べて少し色褪せたように感じます。自転車通勤で紫外線をたっぷり浴びたことによる変化ではないかと考えられます。
逆にいうとそれ以外に変化はほとんど感じられず、生地表面にほつれや破れなどは一切見受けられませんでした。まだまだ現役として使用していけそうです。

WONDERBAGGAGE NEW LIGHT SERIES

※タグが白タグから黒タグに仕様変更されています。

 
WONDERBAGGAGE NEW LIGHT SERIES

※タグが白タグから黒タグに仕様変更されています。


3、その他の素材や縫製箇所の強度

これまでの説明でバリスターナイロンの高い強度はお分かりいただけたかと思います。しかし私たちが皆様に提供しているものは素材ではなく製品です。いくらメイン素材が優れているとはいえ、他の箇所が脆弱ではカバンとして機能しません。そこで底面などに採用している厚口オイルドレザー、そして縫製箇所についても、このデイパックの比較を通して変化や強度をお伝え出来ればと思います。

厚口オイルドレザーの強度

底面や持ち手などに採用している厚口のオイルドレザーは、硬くて丈夫で型崩れしにくいことが特徴です。実際に6年間使用しているデイパックも、小さな引っ掻き傷のみで大きな破損はなく、型崩れも起こしていません。バリスターナイロン同様強度に優れた素材と言えるでしょう。
一方、ほとんど変化のないバリスターナイロンに対して、革には経年変化があります。下の画像を見ていただければわかりますが、月日が流れることで色が濃くなり、美しい光沢が出ています。ケアをすることで革本来の光沢や経年変化をより楽しんでいただけます。

WONDERBAGGAGE NEW LIGHT SERIES

 

 
WONDERBAGGAGE NEW LIGHT SERIES

※引き手部分の革は使用する際に必ず手に触れる箇所なので、底の革に比べてより経年変化がより進んでいます。

 

縫製箇所の強度について

もっとも負荷が強くかかるのは、荷物の全てを支えるショルダーテープと本体の縫製箇所になります。使用しているデイパックを確認したところ若干の糸のほつれはありましたが、裂けなどはなく、こちらもまだまだ問題なく使用していけそうです。6年使っても破損が発生しなかったことは私たちが想定していた以上の強度でした。

WONDERBAGGAGE NEW LIGHT SERIES

※若干の糸のほつれが見受けられますが、使用においては全く問題ないレベルです。

 
WONDERBAGGAGE NEW LIGHT SERIES

※より強度を上げるため、ショルダーテープを挟み込んでいる革のステッチを1本から2本に仕様変更しています。

 

しかしこれまで紹介した素材とは異なり、縫製箇所には使い方次第で相当に負荷が掛かってしまい、どうしても破損リスクが発生してしまいます。この破損リスクをできる限り減らすことができるよう、設計の見直しや検品作業の改善など日々取り組んでいますが、完全に無くすことは不可能であることも事実です。

4、無償修理サービス

そこでWONDER BAGGAGEではご購入から2年以内に破損してしまった場合は無償で修理を承る「無償修理サービス」を実施しております。またささやかではありますが、オフィシャルサイト「BATON STORE」でご購入いただいたお客様には無償修理期間をもう1年延長し、3年間の間無償修理対応を承っております。
もちろん3年以上経過していても修理自体は承っておりますので、破損や気になる箇所がある方はお気軽にお問い合わせいただけましたら幸いです。
※外的要因における破損に関しては対象外となります。予めご了承ください。
※破損具合や箇所によっては修理不可能の場合もございます。予めご了承ください。