top_hasami-porcelain

日本有数の窯業の盛んな地、長崎県波佐見町。この地で約400年前の江戸時代につくられはじめた磁器は、当時から日本各地はもとより、長崎港を経てヨーロッパへも出荷されていました。早くから量産体制が整えられたため、日用の食器としての確かな質と価格を実現したことが知られています。
豊かな伝統は、現代まで脈々と受け継がれ、HASAMI PORCELAIN(ハサミポーセリン)は、篠本拓宏(torroise)のディレクションにより、こうした遺産を現代のコンセプトで革新するテーブルウェアとして生まれました。

top_hasami-porcelain

TOP > HASAMI PORCELAIN
HASAMI PORCELAIN
通常順 | 価格順 | 新着順
21-40 / 53


pagetop